声優

2010年10月12日 (火)

田村ゆかりLIVE "Starry Candy Stripe" 10/11

オシャレタウンみなとみらいに王国民が集結!
ピンク法被軍団に注がれる、通行人の訝しげな視線。

負けるな王国民!盛り上げていこうぜ!

ゆかりんライブ・パシフィコ横浜2日目です。
今回これしかチケット取れなかったのです。
前回は横浜アリーナでやったほどの人。
パシフィコや東京国際フォーラムじゃ狭いよねえ。

でも、パシフィコクラスで観れるというのは幸運です。

いつものことながら、
観客の盛り上がりは凄まじいの一言。

一度見たら、次もまた見たくなる。
そういう質の高いライブを続けているゆかりんです。

まだツアーは終わっていないので、
ネタバレになることは書けませんが、
特筆すべきこととしては、

「新型めろーん登場!」
「そして逆回転んろーめ」

です。

・・・これ次の会場でも続くのだろうか?

にほんブログ村 音楽ブログ アキバ系ソングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

田村ゆかりライブ " Princess a la mode "

行ってきました横浜アリーナ!
田村ゆかりライブ " Princess a la mode "

ゆかりんファン歴約4年のオレですが初ライブ。
なんか都合が合わなかったりチケット取り損ねたりでね。

ライブは30分遅れでスタート。
客電が落ちた瞬間、客席は一面ピンクのサイリューム。
すごい・・・綺麗だ。

「You & Me」で始まり、アップテンポが続く。
中盤にはしっとり系の曲を聴かせる。
カワイイ声と大人っぽい声を使い分けられる
ゆかりんならではの演出。

そして後半。

オレの席はアリーナ(通常でいうところの1階スタンド)の
ほぼステージ正面。
ステージからの距離は遠いのですが、
横浜アリーナ特有の、アリーナ前通路が近い。
きっとここを使った演出がある筈。

と思ったら・・・

衣装替えの後、ここから出てきた。
すぐ目の前!

ちっちゃい!
ほっそい!
かわいい!

ゆかりん、こんなに小さかったんだね。
体型も子供みたいだ。
とてもさんじゅうさ(以下略)。

終盤、もう一度アリーナ前通路で歌う。
・Honey Moon
・Fancy Baby Doll
そして
・惑星のランデブー
・Super Special Smiling Shy Girl

ころすきかっ!

このコンボはもう狂喜です。
汗をぼったぼた落としながら跳ぶ跳ぶ跳ぶ。


ライブの度に、着実に会場が大きくなっていく。
それはつまり、一度観たら次も観たくなるような
素晴らしいライブを続けているということ。
確かに。これはリピーターになるわ。


最後はmotsuさんのスペシャルゲスト参加もあり、
大盛り上がりでライブ終了。
ゆかりんはアリーナ通路をゆっくり回って挨拶。

これが・・・本当にゆっくりで。

「来てくれた人、1人1人に感謝の気持ちを伝えたい」
なんてことをよく言うけれど、現実にやる人は少ない。
それをゆかりんはやった。
ぴょんと跳んだり、体を傾けたりして、
全員の顔が見えるように。

なんていい人だ。
なんてファンを大切に思ってくれているんだ。


オレのいる中央付近に到着するまで約20分。
この時点で10時過ぎ。
やばい!
横浜アリーナからウチまで約2時間。
これ以上いると「いたずら黒うさぎ」が聴けない。

ゆかりんの気持ちに応えるために、
最後までその場にいたかったのですが、
やむなく退出。


素晴らしいライブでした。
DVDが出たら絶対買った方が良いです。
衣装も全部可愛かったですよ。


あ、そうだ。
ゆかりんから「ブログに書くように」言われていたことが。

・ゆかりんはキャット空中3回転をキメました。
・ねこは左肩を強打しました。

真偽のほどは?

にほんブログ村 音楽ブログ アキバ系ソングへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

Live:桃井はるこ

開演前からBGMに合わせてオタ芸をする一団。
動きの切れが良い。楽しそうでなにより。
モモーイのファンって濃ゆいなあ。

意外と女子のファンも多いのね。

よみうりホールという約1,100人規模の
こじんまりとしたホールだったこともあって
とても濃厚な風味のライブでありました。

声優アイドルのくくりに入る桃井はるこですが、
実質は「アイドルの皮をかぶったアーティスト」
という稀有な存在。(逆は多いけど)
「自分の意思で好きなことをしている」
という姿勢が見えるし、意外とラディカルな活動は
根底にロックを感じるのです。

「萌えはロックだ」という名言もあるしね。

アイドルのライブにありがちな衣装替えもなく、
シンプルなバンド編成と簡素なステージセット。
映像やダンサーなどの演出もなし。
それでも観客を魅了するのは、純粋に音楽の力です。

MCは不思議なテンションでしたが、
ファンを大事に思っていてくれるんだな
ということがよくわかります。

まだツアーは始まったばかり。
ネタバレになることは書けないので、
最後に、これから観にいく人へのアドバイス。

「基本使いのサイリュームはピンクと青」
「それ以外に、緑を持っていくといいよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

パンコレ

モモーイこと桃井はるこさんの名言

「萌えはロックだ」。

新しい文化は、最初は世間に受け入れられないもの。
ロックだって、最初は奇異な目で見られていた。
現代の「萌え」は、黎明期のロックに匹敵する
新しいカルチャーなのだと。

そんなモモーイも参加しているアルバム「パンコレ」。
人気の女性声優6人が、パンクの名曲をカバー。
ちょっと意味は違うけど、まさに「萌えロック」。

参加声優は、池澤春菜・門脇舞以・後藤邑子・
清水香里・田中理恵・桃井はるこ。

カバーは、The Exploited、Green Day、The Clash、
The Offspring、Sex Pistols、Blondie、Ramones、
Iggy and The Stoogies、Rancid、Nirvana。

「企画モノだろ?」とあなどるなかれ。
予想以上に刺激的な音ですよコレは。

パンクのメロディって、実は結構POPだったりするので、
モエモエなあまーい声がうまくハマる。
そして、破壊的な衝動から生まれたはずの歌詞を
完全に無意味化する萌え声のパワーたるや。

池澤春菜の「うふふふふっ」にもえた。

アレンジも意外と凝っていたりして。
「Smells like teen spirit」をこういう風にやるか。
確かにこの曲、きれいなメロディなんだよな。

オレにとっては、ど真ん中にスッポリ入るアルバム。
ヘビロテになりそうな気配が濃厚です。
でも、これを面白がれる人って世の中にどれくらいいる?
萌えポップとパンクの両方が好きな、オレみたいな人って。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

堀江由衣カレンダー2009

堀江由衣ファンクラブグッズの
2009カレンダーが本日到着。

うんうん。かわいいかわいい。

オレは毎年、ページをバラして
クリアーファイルに入れています。
つまりカレンダーとしては使っていない。
今年は写真が横型なのと、
見開きで入っている写真もあることで
ファイルに入れにくいのが難点。

オレ的には10月がお好み。
公園の原っぱでピクニック風に
レジャーマットに横座りしてるやつ。

鷲崎健氏も指摘していましたが、
ほっちゃんって緑の中にいるのが似合うよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

特別な日

今日9/20は堀江由衣さんのバースデイ。
おめでとうございます。
えっと・・・何歳でしたっけ?
あ、そうか。17歳でしたね。

さらに、今日はAice5解散の日でもあります。

去年の今日も暑かった。
ネクタイまで湿るくらいに汗をかいて
跳びまくり、サイリュームを振りまくった。

ライブDVDを観ながら、しみじみと思い出す。
一生忘れないだろう特別な日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ミニミニミクロ

4年半前、「天使のたまご」を偶然聴いて以来、
声優さんのラジオ番組の面白さを知ったオレ。

声の可愛さとトークの面白さから、
堀江由衣、田村ゆかり、浅野真澄、
桃井はるこ、広橋涼などがお気に入りです。

この人たちの、普通に面白い番組とは異なり、
あまりの強烈さにハマってしまった人もいます。

金田朋子。
通称「金朋」。

声とルックスと言動とキャラクターから
「35歳児」といわれる金朋さん。

あまりにも天真爛漫。
あまりにもマイペース。
あまりにも自由。
あまりにもオバカ。

正直、ラジオ番組として成立しているか疑問な、
火曜日深夜の番組「ミニミニミクロ電子幼稚園」。

パートナーは「こんちん」こと「ゼメエル」こと今野さん。
金朋さんの暴走を抑えるクールなツッコミは、
その奥に保護者のような温かみも感じられます。
・・・金朋さんより年下だけど。

ちなみに先々週の放送は、名コンビといわれる
松来未祐がゲスト。
異常な面白さでした。
ここで聴けますよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4430479

あ、もうすぐ始まる。
じゃ、このへんで。

<30分後の追記>

ええっ!あと2回で終わり?
うっそー。

Webラジオ~アニスパ内別番組ときて
やっと地上波単独番組になったと思ったら。

また復活はあるのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

ほっちゃん新曲いきなり

今日の天たまでいきなり初OAされた
堀江由衣新曲「バニラソルト」。
まだ先だろうと油断していたのでちょっとびっくり。

かわいいサウンドですな。

起伏の少ないAメロがいかにもなテクノ。
Perfumeのヒットを意識したか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

バンビーノ・バンビーナ/田村ゆかり

ここんところの田村ゆかりは
ちょっと大人っぽい曲と歌い方が多くて、
「もしかして大人イメージにシフトする戦略か?」
などと思っていたのですが・・・

新曲「バンビーノ・バンビーナ」は
直球ど真ん中のガールポップ。

嬉しい!

いや、大人っぽいゆかりんも好きだけどさ、
かわいいゆかりんはもっと好きなんです。

ゆかりんの声の気持ちいい部分を
100%活かし切りました といった感じの
楽曲とサウンドですなあ。
とろけそうですよ。

初回限定版はPVのDVD付き。
英国趣味全開の乙女っぷりがまた、
ほっちゃん同様、とても三十代には・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

アップフロントが

アップフロントエージェンシーが
アイドル声優のオーディションを行うそうな。

アップフロントといえばモーニング娘の所属事務所。
モー娘がもはや勢いをなくしてしまっているので
「新たな鉱脈を」ということなのでしょう。

なにしろ、アイドル声優といっても馬鹿にできない。
水樹奈々がさいたまスーパーアリーナ、
Aice5が横浜アリーナ、
田村ゆかりが日本武道館、
堀江由衣が両国国技館など、
並みのアーティストじゃとても無理な
大会場でのライブを実現しているのですから、
一般の芸能事務所が狙いをつけるのもわかる。

でも、活動の比重は「アイドル>声優」になりそうな
気がするし、流行に乗っているだけの印象が強い。
よそ者が土足で上がりこんでくる感もある。
こだわりの強いオタクさんたちに受け入れられるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)