ゲーム

2009年10月26日 (月)

ねこ

子猫を飼い始めました。
DSの中で。

はい。ゲームです。
「かわいい子猫DS2」。

昔から子猫は好きなんですが、
唐沢なをきの漫画「俺とねこにゃん」を読んだら、
もうたまらんくなってですなあ・・・。

現実としては、本物の猫は飼えないので、
DSで楽しんでいるワケです。

オレの猫は茶色のスコティッシュフォールド。
これが予想を上回る可愛さでして。
ちょっとした仕草がもう・・・

タッチペンでナデナデしまくり。
猫好きの脳をとろけさせる恐るべきゲームです。
ニコニコしながらDS画面をこするオレ。
他人には見せられない姿だね。

ちなみに「俺とねこにゃん」。
可愛いのですが、そこは唐沢なをき。
ブラックな表現もあるのでご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

kanon再プレイ

ゲーム「kanon」を何度目かの再プレイ。
今回は名雪ルートをやってます。
ストーリーと関係ないところはざっと飛ばして
ベランダのシーンから。

ここはいいシーンです。
音楽とのマッチングがまたいい。

ちなみに、オレが好きな順位を付けると
キャラクターは①栞 ②舞 ③名雪 ④あゆ ⑤真琴
ストーリーは ①あゆ ②栞 ③舞 ④真琴 ⑤名雪
となってしまうのですが、名雪シナリオは
なんだか後からじわっとくる。

他に比べると地味なのですが、
全部を語らず、想像の余地を残すところとか、
なかなかオシャレなストーリーだと思うのですね。

<せんでん>
kanonをテーマに作った初音ミク曲です。
よろしかったらお聴きください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ひさしぶりの脳トレ

ちかごろ、のうのはたらきがわるいきがするので、
ちょうひさしぶりにのうとれをやってみたの。

21歳。

1歳老けた。
でもいい成績。
1年以上やってなかったけれど、
意外と落ちていないもんだね。

たまにやると気持ちいい。
頭がすっきりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

Kanon再プレイ中

土曜日以降、更新が滞っているのは、
ゲーム「Kanon」を再プレイしているから。

やめられなくなるのですよ。

いいシーンはセーブしてあるので
何度も何度も何度も観ているのですが、
やっぱり最初からやると感動が深いね。

この「長さ」もギャルゲーの魅力なのでしょう。
ストーリー展開に直接関係ない日常描写も
ゲームの世界に入り込む効果を生む。
そうやって、徐々に気持ちが高まって迎える
クライマックスとエンディングは本当に泣ける。

以前も書いたかもしれませんが、
「kanon」は非ヲタの人にこそ
プレイしてほしいゲームです。
ギャルゲーをあなどるなかれ ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

本の売却3&ゲーム売却

今日もまた、古本の売却に精を出す。
524冊で25,710円。
3日で1,920冊・90,685円だ。我ながらすげー。

さすがに店員さんから
「あまり一度にたくさん持ち込まれましても・・・」
と言われてしまいました。
すみません調子に乗りすぎました。
でもおかげさまでだいぶ片付きましたよ。

で、調子に乗りついでに
ゲームソフトも売りに行ったのです。
終わったやつや飽きたやつ、
いまいちハマらなかったやつなど18本。

23,400円になりました。
参考までに内訳を。

【PS2】
 ・CLANNAD 3,000円
 ・Planetarian 300円

【PS】
 ・輝く季節へ 800円

【PSP】
 ・AIR 3,200円
 ・SNOW 3,000円
 ・プリンセスメーカー4 3,000円
 ・グラディウス 1,400円
 ・ルミネス 700円

【DS】
 ・どうぶつの森 1,700円
 ・バイオハザード 1,700円
 ・くるポト 1,200円
 ・ウィニングイレブン 700円
 ・メテオス 700円
 ・アタリミックス 500円
 ・アタマスキャン 500円
 ・スーパーブラックバス 500円
 ・トリオンキューブ 300円
 ・直感ヒトフデ 200円


全体としてDSが安いのは
流通量が多いからでしょうか。

ギャルゲーは高く売れるようです。
特にKeyものは人気が高いからね。
でも「Kanon」は売らないよ。
あれは何度プレイしても感動するから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

輝く季節へ

Kanon」「AIR」「CLANNAD」と、
すっかりkey作品のゲームにハマったオレ。
(いちおう言っときますが18禁じゃないやつね。)

key作品のファンを「鍵っ子」と呼ぶのだそうで。
うまいこというね。

そんな鍵っ子の道を順に歩んでいるオレ。
次は「智代アフター」かと思わせて
いきなり過去へ逆走してみる。

輝く季節へ」(PS版)をやってみました。
Keyメンバーが以前の会社で製作した
泣きゲーの元祖と言われる作品。
PSソフトなのでもちろん新品ではなく
Amazonで中古品を購入です。

ストーリーは上記3作に比べると弱いかなと思いますが、
それは現在の視点からそう思うのであって、
10年前の作品であり、泣きゲーというジャンルが
まだ一般化していなかったことを考えると、
当時は衝撃的だっただろうことは想像できます。

ゲームとしては意外と面白い。

「kanon」や「AIR」ほど易しくはなく、
「CLANNAD」ほど難しくはない。
迷う選択肢が多いので、こまめにセーブし、
メモをとりながら試行錯誤の末クリアー。

所要日数は約20日。
このちょうどいい難易度が楽しかったですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月25日 (火)

いまさらですが「ICO」すげえ!

「CLANNAD」が終わったので「ICO」をプレイ中。
いやあ、こりゃ素晴らしいゲームですな。
さすが名作といわれるだけのことはあります。

主人公の少年が閉じ込められていた塔から
少女を連れて脱出するというストーリー。

「少女を連れて」ってとこがいい。
R1ボタンを押して手をつなぐと
コントローラーがぶるると震えて
引っ張っている感じになる。

また、敵は少女を狙って襲ってくるので、
敵を倒すことより、少女を守ることが先決となる。

次第に、この少女に対して
「愛」のような感情が芽生えてくるのですよ。
「守りたい」と「愛」は近い感情なのですね。

ビジュアルがまたすごい。
古びた塔の描写も素晴らしいけれど、
なんといっても「高さ」の表現がすごい。

架空の世界だとわかっているのに
高いところから下を見たときの、
下腹部がじーんとする感覚が...

高所恐怖症の人はマジで怖いと思う。

「PS2を持っているけどICOはやったことない」
という方はぜひ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

CLANNAD終了!

さて困った。
CLANNADが終わらない。

開始して1週間。
主要キャラのルートは完了したはずだが
まだ「AFTER STORY」へのルートが開かない
つまり、まだ攻略できていないということ。
画像もまだたくさん残っている。

試行錯誤すること2日。
だめだ。進まない。

ここは偉大なる先達の力を借りるとしよう。
攻略サイトで調べてみるのだ。

こんなオレをヘタレだと笑うがいいさ。
オレはストーリーを味わいたいんだ。
自力攻略にこだわって挫折するよりは、
他人の力を借りてでも進めたほうがいい。
人はひとりでは生きていけないんだから。
と自己弁護。

攻略サイトをプリントして見ながら進める。
なるほど。こりゃ自力じゃ無理だったな...
KanonやAIRと比べて格段に複雑だ。
すごいな。攻略サイトを作る人って。
どれだけの時間を使ってるんだ?

それから4日間、睡眠時間を削って取り組んだ結果、
つい先ほど終了!

しみじみとしたエンディング。
達成感に浸りつつ、寂しい気持ちが溢れてくる。
約2週間、登場人物たちと過ごした日々が終わる...
って、なんだオレ。
ゲームの世界にすっかり入り込んでるではないか。

それくらい、いいゲームだったということですか。

KanonAIRと強まりつつあった「家族」というテーマが、
CLANNADでは完全にメインテーマになっています。
単なる学園恋愛モノじゃないKey作品。
普遍性があるので、万人にオススメできるゲームです。

ちなみにオレは芽衣のシナリオで爆泣。
芽衣のけなげさにじわじわと涙腺を刺激されて、
春原が飛び込んできたところでぶわっと涙が噴出しました。
オレにも妹がいて、しかも春原兄妹と年の差が同じなので
より入り込めたのでしょうか。

逆に、じわじわと涙が流れたのがことみシナリオ。
うんうん。ええ話や。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

更新

CLANNADの続きをやりたいので
今日の更新は休んでいいすか?


<進捗状況>
風子→渚→幸村先生→芽衣→美佐枝
現在、有紀寧ルートを進行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

PS2その後

プレステ2を買って3日目。
順調にハマっております。

まずはSIREN2をプレイ。

怖あ・・・

敵(ゾンビ)が近くにいると、
コントローラーがぶるっと震えるのが・・・

暗闇の中でぶるっとくると、
飛び上がりそうになるくらい驚く。
そして喰いつかれて、なすすべもなく死亡。

怖あ・・・

・・・・・・・・・。

気を取り直してCLANNADをプレイ。

・・・・・・・・。

まったく、ギャルゲーというものは、
生活パターンを破壊してくれるものですね。

始めたら全シナリオをクリアーするまでやめられない。
家にいる間はずっとプレイし続けたくなります。
正直、ブログを更新している時間さえ惜しい。

2日間で、風子、渚、ヨボジイ先生のルートをクリア。
現在、芽衣ルートを順調に進行中。
引退間近のおじいちゃん先生のルートや、
サブキャラだと思っていた芽衣のルートまであるとは、
いったいいくつルートがあるんだコレ。

KanonAIRに比べると格段に複雑。
先は長そうです。
でもPSPに比べると読み込みが早くて
サクサク進むのは快適ですなあ。

そんなわけでICOは未プレイ。
いつになることやら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)