« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

16 Candles

8/31は初音ミクの誕生祭!ということで
新曲はバースディソングとなりました。

16 Candles

Oldiesの曲に「sixteen candles」という
タイトルのがあります。
もちろんわかってやってます。
パクリじゃなくてオマージュまたは
インスパイアだと思っていただきたく。

ミクの設定年齢は16歳。
3周年なので、19歳になるのでは?
という疑問も湧くのですが・・・いやいいのだ。
バーチャルな存在は年をとらない。

さて、今回アレンジに苦労しました。

アレンジは、歌詞の内容とのマッチングを重視しています。
流行のスタイルとかはまったく意識しない。

世間では、プロもアマも含めて、歌詞や曲調に関係なく
流行のスタイルにする人も多いですが、それだと例えば
「寂しい歌詞なのにサウンドは妙にアッパー」といった
変な感じになってしまったりするのです。

でも、そんな曲でもヒットしたりするので、聴く側もあまり
気にしていないのかな とも思う。
ということはつまり、オレのこだわりは自己満足なんですが、
いいだろう。趣味は自己満足が最優先。

この歌詞、実はかなりヘビーな過去を含んでいます。
でも未来への希望が根底にある という全体像。
この要素をうまく包含できるアレンジはどんなだろう?

と、二週間悩み試行錯誤を続けてきたのです。
最終的には、クラシック風味のロックバラードになりました。

ボカロファンには受け入れられにくいアレンジかな。
まあ仕方ない。




にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

新曲です「Milky-Way Linkage」

夏の連続投下シリーズ!
今回はロマンチックなバラードです。
初音ミクで「Milky-Way Linkage」。

なんかへんなタイトルですが、
実は最初「天の川」だったのです。
念のためググってみたら、
同名のミク曲があることがわかり
急遽変更。

久しぶりにミク初号機を使いました。
声質ごとにライブラリを分けたAppendとは異なり、
初号のミクは、明るいのにちょっと切なさが混じる、
そういう微妙な声質が魅力。
この曲にはその声が合うとみてです。

今回調教カンペキだと思うよ。(自称)

歌詞はシチュエーションを深読みしてください。
「シトラスの風」シリーズの続きです。



にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

Lily使ってみた!

新曲の制作遅延の原因はコイツ。

(株)インターネットから発売される新ボーカロイド「Lily」。
その体験版が同社のHPからダウンロードできるように
なっていたので、昨夜試してみたのです。

体験版なので、エディタのファイルを保存できない。
つまり、後日に回せない。
というわけで、帰宅後、深夜まで調教していました。

曲は「DEAD END」。
昨年ルカさんで作った曲です。
ハードなサウンドにルカ声が負け気味なのですが、
Lilyの硬質な声だったら合うんじゃないかと。




さて、Lilyを使ってみた感想ですが、

◆東北弁きつい
 「行くこと」が「いぐごど」になる発音。
 メグッポイド並みに顕著かつ頻繁です。
 前の音符との間を開けたり、トラックを分けたりで対処。

◆母音が曖昧
 「あ」が「お」に近い発音であるなど、ハキハキしていない。
 このへんもメグッポイドに似ている。
 そのままだと、締まりのないアホな子のような歌になるので、
 しっかり調教が必要です。
 子音と母音の分割で直る場合もあるのですが、
 直らない場合もあるのが困ったところ。


正直、扱いやすくはない。めんどさはメグッポイドと同程度。
でも、手間と時間をかけてじっくりみっちり調教すれば、
人間に近いリアルな歌を歌えそうです。

ミクやルカさんのように強い個性はいらない曲で、
ハードな歌:Lily、ソフトな歌:めぐっぽいど
という使い分けをすると良さそうですね。

にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の新曲第二弾!

2週連続で、夏の新曲アップです!
初音ミク「プリミティブ・サマー」

オレの中では、夏の音楽=ロックンロール。
硬いギターの音色とか、セブンスコードの
カラッと乾いた響きが、夏の暑さと合うのです。

というわけでポップなロックンロール。
歌詞の設定は、
「夏休みに補習を受けているミク」
です。

オレが夏大好き人であることは、ツイッターで
さんざん書いているのでご存知かもしれません。
「暑い外に飛び出したいよう!」
という心の叫びですな。

今回、ちょっと制作が遅れ気味だったので、
良い天気なのに部屋で最終仕上げ作業をしていて
もうね、この歌詞のまんまだ。



にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

パクリ考

有名ボーカロイド曲がパクリだとか、
有名絵師のイラストがトレスだったとかで、
騒然としているボカロ界隈です。

絵は専門じゃないので置いとくとして、
曲のパクリの方はなあ・・・。
自分も他人事じゃなくなる可能性が・・・。

当然のことですが、オレは曲を作る際、
意識的なパクリはしないようにしています。
でも、偶然似た曲になってしまうことや、
無意識にパクッてしまうことはありうるのです。

世の中にはものすごい数の曲がある。
でも、音符の組み合わせは無限ではない。
自然で気持ち良いメロの流れとなると
さらに選択肢は狭まってくる。
自分が作った曲と同じメロディを考えた人が
他にいてもまったく不思議じゃない。

もっと怖いのは無意識のパクリ。
以前聴いた曲のメロディが頭に残っていて、
無意識にそのメロディを使ってしまう現象です。

自分の例では、「ユビキタス」という曲のサビが
YMOの「テクノポリス」そっくりであることに
アップ直前に気付いて差し替えたことがあります。
(そう思って聴くと、名残がわかると思う。)

気付いたから良いようなものの、
気付かずアップしていたらヤバかった。

と、こういうことが起こりうるんですね。

先日上げた最新作「Ice Cream Baby」
ずっとそれが引っ掛かっていました。
メロディがあまりにもさくっと出来上がったので、
「無意識パクリではないか」と不安になったのです。

iPodのリストをずーっと見て、手持ちの曲には
似たメロのがないことを確認したうえで発表しました。
でも、自分が過去聴いてきた曲のすべてが
iPodに入っているわけではないので、
完全に不安が解消したわけじゃない。

そういえば「真夏の国のお姫様」という曲では、
「ワールドイズマインに似てる」
という書き込みがあって、思わずムッとしたものです。

似てるったって「お姫様」って言葉だけだろうと。
曲調も詞の内容も全然違うだろうと。
ワガママ娘をお姫様に例えるのは普遍的な表現で、
「ワールドイズマイン」の作者がオリジンじゃないだろうと。

今回の一件で、パクリ探しが流行しないことを祈りたいし、
上記例のように、ほんのちょっとだけでパクリ扱いするような、
短絡的なことは慎んでほしいなと思います。

明らかに意識的なパクリは糾弾されても仕方ないけど、
偶然や無意識もあるということは知っておいて欲しい。
そもそも、パクリ疑惑の、おそらく大部分は
偶然または無意識だろうと思います。

このご時世、意識的にパクッても必ずバレる。
で、ネットで叩かれるのがオチ。
そんなリスクを背負ってまでパクりませんって。

あと、オマージュはまったく別なので一緒にしないようにね。


にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »